皆さんの温かいご支援を!!

 2013年 2月20日、安倍内閣は、「高校無償化」法を「改正」し、審査中であった朝鮮学校に対して、審査打ち切りと「高校無償化」不適用を通知する文章を送りつけてきました。

 この不当なやり方は、まさに、政府が『法律で朝鮮学校・生徒を差別した』ものであり、「高校無償化」法の第1条の『教育の機会均等に寄与することを目的とする』ことに違反しています!

 この差別に対して、全国(大阪・愛知・広島・福岡・東京)の朝鮮学校の生徒たちや学校が原告となって立ち上がりました。その数は全国で200人を超えます。

 この裁判を支援する会も立ち上がり、福岡では、「朝鮮学校無償化実現・福岡連絡協議会」が中心となって、裁判傍聴や会報発行、財政支援の為の物販などの活動を展開しています。

 また、全国で最も多い60人を超える弁護士のみなさん方も、自主的・主体的に福岡での裁判闘争を展開中です。

 昨年8月には、国連・人種差別撤廃委員会も「高校無償化」からの適用除外などの『差別是正の勧告』を行いました。これが世界の常識です!!

 皆さん!!朝鮮学校差別反対運動と「高校無償化」裁判闘争勝利のため、ぜひ、ご理解とご協力をお願いします。

■ 朝鮮学校に無償化適用を!
■ 朝鮮学校はずしにNO!

アクセスカウンター